RAW現像に必要不可欠な露出ブレンドのRaya Pro 2.0

2017年02月13日 : ストックフォトブログ記事

露出ブレンドのRaya Pro 2.0が発売

露出ブレンドのRaya Pro 2.0が発売

風景写真のRAW現像に悩んで、海外のサイトなどを調べている時にRaya Proに出会いました。その時は、何だか分からずにいましたが、風景写真のRAW現像方法を調べていたら、いろんな写真家の方が、PhtoshopにRaya Proを導入していました。

そこで、気になりRaya Proについて、詳しく調べてみたら「これはすごいソフトじゃないの?」って思ったので、すぐに導入しました。購入金額も4000円前後だったと思います。そのRaya Pro の新バージョンが2月23日に発売予定と告知があったので、Raya Pro 2.0をYoutubeで見てみたら、かなり高機能になっていて、とても楽しみでした。

昨日Raya Proのオフィシャルサイトを見てたら、なんとすでに販売されていたので、すぐに購入しました。海外の写真家の方には、知名度がありますが、日本の方には、あまり知られていない感じです。でも一度理解できれば、最高に優れたPhotoshopのプラグインだと思います。

Raya Pro 2.0 ブレンド

Raya Pro 2.0 ブレンド

ブレンドタブには、Precision Masks, Fix Blending, Quick Blending, Luminosity Masksの4つのメイン機能があります。その全てが露出ブレンドに関する機能とルミノシティマスクの機能になります。

「露出ブレンドとは?」標準のHDR処理に変わる優れた方法です。複数の露出違いの写真をマージするプログラムに頼るのではなく、Photoshopの明るさのマスクを利用して、手動でブレンドすることが出来ます。

露出ブレンドすると自然な風景写真に仕上げることが可能になります。ハイライトやシャドー部分は、どうしてもディテールがなくなってしまいますが、段階露光で、数枚撮影した風景写真の良いところを取りをして、最高のダイナミックレンジを持った風景写真にした後にハイライトやシャドーを付けていきます。

そうすることにより、見えにくいシャドーやハイライトにノイズ感のないディテールが残った素晴らしい風景写真をRAW現像することが出来ます。

Raya Pro 2.0 エンハンス

Raya Pro 2.0 エンハンス

エンハンスタブには、色収差を取り除いたり、光をコントロールしたりといろんなエフェクト効果が含まれています。私が一番気に入っているのが、Zone Contrast の機能ですね。ワンクリックで、ハイライトからシャドーまでのルミノシティマスクを6枚作ってくれて、その6枚がトーンカーブのマスクになっています。風景写真に大事なコントラストを自在にコントロールすることが出来ます。

Raya Pro 2.0 フィニッシュ

Raya Pro 2.0 フィニッシュ

フィニッシュタブは、完成した風景写真を書き出す設定をするタブになります。またユーザーアクションの設定も可能となっていますので、利用範囲は広いかと思います。書き出す時にシャープを掛けるルールに基いて、作成されたレイヤーからお好みのレイヤーを選んで、書き出すファイルタイプをクリックすれば、利用するメディアに最適な写真を書き出してくれます。

Raya Pro 2.0の動画

まとめ

Raya Pro 2.0には多くの機能がありますが、よく使う機能は、そんなに多くないと思います。また当ブログのRAW現像のカテゴリで、使い方などを詳しくご紹介したいと思います。

基本的な機能を組み合わせて、どの様に使うかが一番重要になってきます。多くの写真家の方のRAW現像方法を勉強して、「どの機能をどの部分に使っているか」などいつも気になり調べています。その中で、使える機能や優れた現像方法から基本現像方法などをRAW現像カテゴリで、ご紹介しているので、気になる方はそちらの方も読んでみて下さい。

Raya Pro(ラヤプロ)とは?<

関連記事Raya Pro(ラヤプロ)とは?

ルミノシティマスクは最強 海外では昔から多くの写真家が利用しているルミノシティマスクです。その中でもRaya Proが... 続きを読む

www.stockphotos.jp

無料写真編集ソフトのNik Collectionはプロの写真家も納得<

関連記事無料写真編集ソフトのNik Collectionはプロの写真家も納得

Nik Collectionは無料で最強ツール Nik Collectionは、Photoshopのプラグインで、プロ... 続きを読む

www.stockphotos.jp

RAW現像に必要なワコムのペンタブレットINTUOS PRO<

関連記事RAW現像に必要なワコムのペンタブレットINTUOS PRO

風景写真のRAW現像にはペンタブレットがベスト ペンタブレットと言えば、ワコムのペンタブレットに人気が集中していたので... 続きを読む

www.stockphotos.jp

風景写真を劇的に変えるPhotoshopのレタッチ・テクニック

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

風景写真のRAW現像テクニックやストックフォトに関する情報を配信しているブログになります。メインの活動は、RM作家として風景写真の販売を行っています。

「なぜAceなの?」ってよく聞かれるのですが、これは以前語学留学していた時に学校の先生が付けてくれた英語名になります。海外の方が覚えやすいように使っています。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2017年11月22日現在)

アフロ (登録)
786枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

新着記事

01

白糸の滝は軽井沢の人気撮影スポット

長野県軽井沢の撮影スポットの概要 白糸の滝は、長野県軽井沢の有名撮影スポットにな...

01

モニターをキャリブレーションするツールのおすすめSpyderでiMacを調整する方法

Spyder 4 Pro, Spyder 5 モニターをキャリブレーションする事...

CF005253e

岐阜県の郡上八幡城

郡上八幡城 日本最古の木造再建城の郡上八幡城は、桜と紅葉のシーズンが良いと思いま...

撮影で対処できない強いハイライト(白飛び)の補正をPhotoshopで簡単にする方法

撮影で対処できない強いハイライト(白飛び)の補正をPhotoshopで簡単にする方法

完全な白飛びは補正不可能 今までに様々な被写体を撮影したと思いますが「白飛びや黒...

アーカイブ