日本の代表的な絶景地の上高地

2017年02月12日 : ストックフォトブログ記事

上高地の大正池

上高地の大正池

上高地に行く時は、始発で沢渡駐車場を出発して大正池で、降りるのが定番になっています。朝の大正池は、幻想的な風景を見せてくれる時が多いので、大好きな撮影スポットです。この日は、晴天の予報だったので、ストックフォト用の販売写真を撮影に行きました。去年の紅葉は、どこも良くなくて、ストックフォトの販売用の撮影は、本当に手こずりました。

上高地は、撮影場所も多くあり、国内外から多くの観光客が訪れています。マイカー規制があり上高地内部までは、車で行くことが出来ないので、定期バスを利用する必要があります。料金は、大人1人往復で2,050円です。タクシーの利用も出来ますが、4000円前後したと思います。よく相乗り者を探しているので、同乗すれば安く行くことも出来ます。

上高地の田代池

上高地の田代池

大正池に続く代表的な撮影スポットの田代池です。かなり小さな池になりますが、なんとも言えない雰囲気を持っています。またツツジが咲く頃の田代池は、赤のアクセントが出来とても綺麗です。

上高地の田代湿地

上高地の田代湿地

田代池に入る手前に広がる田代湿地です。天気が良ければ穂高連峰まで、眺めることが出来るので、良い撮影場所だと思います。田代湿地から河童橋までの間にもいくつもの撮影場所があるため1日晴天が続いてくれれば、かなりの販売枚数を撮影出来ます。

大正池から河童橋まで、1時間位かかると思います。また撮影しながらの移動なので、かなりの時間が掛かりますが、大正池を出発して、主要な撮影場所を撮影しながら歩くと12時位に河童橋に到着します。河童橋も売れ筋の撮影場所なので、外すことは出来ませんが、12時位になるとかなりの人がいるので、撮影するのには不向きかと思います。

私の場合は、河童橋より大正池に重点をおいているので、河童橋にいる多くの人は、写真のRAW現像で、消してしまいます。その現像方法は、また書かせてもらいますね。

上高地(大正池、田代池、河童橋)の概要

上高地の場所 〒390-1516 長野県松本市安曇上高地
アクセル難易度
駐車場からの距離 定期バスを利用して、30分位
撮影時期 新緑と紅葉(紅葉時期は大人気です)
駐車場 駐車場多数あり、沢渡駐車場が最大の駐車数
車中泊の場所 駐車場で可能(その他近隣にもある)
トイレ トイレあり
上高地観光旅館組合 〒390-1516 長野県松本市安曇上高地4468
webサイト http://www.kamikochi.or.jp/
連絡先 TEL0263-95-2433
Google map Google mapで見る

鎌池へのアクセス

〒390-1516 長野県松本市安曇上高地

まとめ

上高地は、アクセスも簡単で、とても整備されている数少ない観光スポットです。また登山をされる方やトレッキングを楽しむ方など幅広い観光客が訪れています。

冬のシーズンは、閉鎖されるため、観光に行くことは出来ません。風景写真を撮影する方は、途中までタクシーで行き、後は徒歩で上高地に入って撮影しています。※徒歩で1時間30分位は、かかると思います。冷え込んだ時などは、霧氷がついて、とても幻想的な風景を見せてくれます。今年は、チャレンジしたかったのですが、行けないかもしれません(泣)。

絶景撮影スポット

関連記事絶景撮影スポット

絶景撮影スポットから一度は行ってみたい撮影スポット 私が撮影に行ったスポットやこれから行ってみたい撮影スポットを長野県を... 続きを読む

www.stockphotos.jp

風景写真の撮影スポットのカテゴリ

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

Phase One(中判デジタル)で、風景写真を撮影して販売しています。またPhotoshopのレタッチ・テクニックやストックフォトに関する情報も配信しています。

写真を一眼レフカメラで、上手く撮影しRAW現像するために必要な情報の全てをみんなとシェアできるように始めたブログです。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2018年02月26日現在)

アフロ (登録)
809枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

新着記事

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真販売は戦国時代に突入 今まで周りの人達がRM作家として、風景写真を販売し稼い...

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

最近人気が高いRRSの自由雲台 以前までは、海外からしか購入できなかったRRS(...

風景写真の空の色を簡単にレタッチする方法

風景写真の空の色を簡単にレタッチする方法

売れる風景写真は空の色が重要 RM作家の間でよく議論されることが、「売れる風景写...

風景写真の絶景本に掲載!日帰り絶景さんぽ旅2018

風景写真の絶景本に掲載!日帰り絶景さんぽ旅2018

風景写真が絶景本の中面に掲載 首都圏から日帰りで行ける絶景地を紹介する「日帰り絶...

Facebookのモノクロ専用の写真投稿サイトBLACK Magazin

Facebookのモノクロ専用の写真投稿サイトBLACK Magazin

ドイツのモノクロ専用の写真投稿サイトのBLACK Magazin 風景写真を撮影...

アーカイブ