風景写真をクリアな空気感にRAW現像する方法

2017年03月10日 : ストックフォトブログ記事

風景写真をクリアにする

風景写真をクリアにする

RAW現像で風景写真をクリアにする方法をご紹介したいと思います。私は写真を始めた頃「自分の写真はクリアでない」と悩みながらいろんな方に相談しました。海外の写真投稿サイトなどを見ていて、いつも思っていたのが「なんてクリアな写真なんだ〜」って思いながら見ていました。

風景写真にガラスを1枚貼り付けているようなクリア感があり、それをどうすれば同じようになるのか調べて、勉強して大変でした。 今でもまだまだなのですが、少しずつ近づいて来たので、その方法をご紹介したいと思います。

撮影で、良い光を選べばかなり立体感のある写真を撮影することも出来ますが、最終的に仕上げるのは、RAW現像になります。だからRAW現像に必要なテクニックを習得することが重要になります。

Photoshopで色かぶり補正する

Photoshopで色かぶり補正する

この色かぶりを取ることがとても重要です。最近のカメラは問題ないと思っているかもしれませんが、かなりの頻度で色かぶりは発生しています。その状態からRAW現像しても基準の色がおかしなためRAW現像で、追い込んでもクリアな風景写真に仕上げることが出来ません。

色かぶりがある状態は、色かぶりしている部分がもやっとして、クリアでなくなります。これを取ることで鮮明なクリアな風景写真に変えることが出来ます。※写真によって使い分けて下さい。

私の場合は、朝焼けや夕焼けでも色かぶり補正した状態からRAW現像していく場合が多いです。写真によっては、そのままの状態がベストな時は、色かぶり補正をしなくても良いと思います。

Photoshopで色かぶりを取る方法

風景写真のRAW現像テクニック(色かぶり除去)

関連記事風景写真のRAW現像テクニック(色かぶり除去)

色かぶりを取る 色かぶりを取るために使用するツールは、いくつかありますが、一番綺麗に色かぶりを除去出来るのが、トーンカ... 続きを読む

www.stockphotos.jp

Photoshopで色かぶりを取る前と後

Before After

コントラストでディテールを調整しクリア感を出す

コントラストでディテールを調整しクリア感を出す

Photoshopで、コントラストを調整するには、トーンカーブを利用します。トーンカーブは、ハイライト、中間、シャドーなど細かな部分のコントラストを調整することが出来ます。

これは非常に優れた機能なので、是非利用して下さい。はじめは使いにくいかもしれませんが、覚えてしまうと「なんて最高な機能なの」って心の底から感じると思います。

Photoshopのトーンカーブ使い方

Photoshopのトーンカーブの使い方

関連記事Photoshopのトーンカーブの使い方

Photoshopのトーンカーブの使い方 Photoshopのトーンカーブの基本的な使い方をご紹介します。トーンカーブ... 続きを読む

www.stockphotos.jp

コントラストでディテールを調整しクリア感を出す前と後

Before After

最後はハイパスでシャープを調整する

最後はハイパスでシャープを調整する

全体的に見て気になる部分にハイパスを適用して、シャープ感を高めることで、クリアな写真にすることが出来ます。基本的に上記の2つで、見違えるほど綺麗な透明感のある風景写真にRAW現像することが出来ます。※ハイパスの利用は、絶対必要なテクニックではありません。

Photoshopのハイパスの使い方

Photoshopのハイパスで風景写真をシャープにする方法

関連記事Photoshopのハイパスで風景写真をシャープにする方法

Photoshopで風景写真にシャープを掛ける方法 風景写真のRAW現像に必要なコントラスト、ディテール、シャープをP... 続きを読む

www.stockphotos.jp

最後はハイパスでシャープを調整する前と後

Before After

風景写真をクリアにRAW現像する動画

まとめ

たった3つのテクニックで、クリアな空気感をもった風景写真にRAW現像することが出来ます。動画の方を見ていただければ、簡単に作業している流れを見ることが出来ます。

今回は風景写真をクリアにする方法をご紹介しました。風景写真をRAW現像で綺麗に仕上げるために最初に行う必要があります。長くRAW現像していると目がなれてしまって、色の変化やシャープ感など勘違いすることが多くあります。そして過度の調整をしてしまう傾向があるため、最初にきちんとした色に合わせることが重要になります。

風景写真のRAW現像に必要なアイテム

関連記事風景写真のRAW現像に必要なアイテム

風景写真のRAW現像に必要な最強ツール AdobeのPhotoshopとLightroomは、最低限必要なソフトになり... 続きを読む

www.stockphotos.jp

風景写真を劇的に変えるPhotoshopのレタッチ・テクニック

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

Phase One(中判デジタル)で、風景写真を撮影して販売しています。またPhotoshopのレタッチ・テクニックやストックフォトに関する情報も配信しています。

写真を一眼レフカメラで、上手く撮影しRAW現像するために必要な情報の全てをみんなとシェアできるように始めたブログです。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2018年05月26日現在)

アフロ (登録)
1,018枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

新着記事

Veroのフューチャーアカウン

Veroで写真を拡散するフューチャーアカウントとハッシュタグのまとめ

Veroのフューチャーアカウント 写真をメインにVeroを利用する場合は、やはり...

03

Veroに写真を投稿して利用を開始する方法

Veroに写真を投稿する Veroには、多くの機能がありますが、私がよく利用する...

Veroは話題のソーシャルメディアアプリ

Veroの使い方!写真家に必要なソーシャルメディアアプリ!

Veroとは VeroにはInstagramから多くのユーザーが流れてきていて、...

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真販売は戦国時代に突入 今まで周りの人達がRM作家として、風景写真を販売し稼い...

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

最近人気が高いRRSの自由雲台 以前までは、海外からしか購入できなかったRRS(...

アーカイブ