風景写真家の収入と稼ぎ方

2017年01月11日 : ストックフォトブログ記事

風景写真家の収入と稼ぎ方

風景写真家で稼ぐには

2017年は、かなり本気で、取り組みたいと思っていたので、いろんな風景写真家の方に相談したりしました。その中で、最も気になるのが、収入金額と仕事の探し方(稼ぎ方)です。

皆さん口が固く中々収入金額を教えてくれません… でも稼ぎ方や仕事を得た経緯などは教えてくれました。私が考えていた風景写真家が稼ぐ方法とかなり違っていて、びっくりしています。

私は風景写真家が収入を得るためにしていることは下記が当たり前かと思っていました。

  • 企画物を出版社に持ち込む
  • 企業のカレンダーに提供する
  • 撮影を依頼を受ける
  • 個展などで写真を販売する
  • 写真集を作って販売する
  • インター ネットで写真を販売する

でも実際は、かなり違っていました。話をした方々は、海外から仕事を得ていました。その仕事内容は、撮影依頼から写真販売(雑誌や観賞用)などを販売していたり、海外のバイヤーと契約したりとかなり幅広く仕事をされていたので、本当に驚きました。

風景写真家が海外から仕事を得る秘訣

皆さん同じで、SNS(写真共有サイト)から直接問い合わせがあり、撮影依頼や写真販売をしています。「そんな簡単に仕事依頼などくるのかなぁ〜」といつも思いながら話を聞いていましたが、話を聞けば聞くほど驚きの内容でした。

風景写真家としての仕事依頼があった写真共有サイト

  • facebook
  • instagram
  • 500px
  • flickr
  • 東京カメラ部
  • 1x
  • ONE EYELAND
  • FINEART-PORTUGAL.COM
  • ARTFreelance

facebookや500pxなどは、知っていたのですが、FINEARTやONE EYELANDなど知らないサイト名が話によく出てきました。その中の500pxや1xは、サイトで直接写真のプリント販売が出来るようになっています。

話を聞いた風景写真家の方は、ダウンロードのプリント販売だけでなく撮影依頼や直接写真を購入したいと話が来るみたいです。Paypalで、入金を確認したらデーターを送って、販売完了みたいです。販売先は、海外のメディアや雑誌、観賞用に家に飾りたいなど、幅広い購入者の方がいるみたいです。収入金額は教えてくれませんでしたが、RM作家として、販売している金額なんかとは比べ物にならないくらい多いみたいです。

ここで、私も考えてみたのですが、やはり多くの方に自分の写真を観てもらうことが一番重要になってくると思います。SNSを活用することで、販売先が日本から世界中に広がるから、購入される方ものターゲットも日本だけよりも何十倍も多くなります。

今年は本気モードの私も「これはチャレンジするしかない」と心に決めて、いろんなサイトに会員登録しました。1x、FINEART-PORTUGAL.COM、ONE EYELAND、ARTFreelanceなどに登録しました。その中で、1x以外は無料で利用できるのですが、1xは、写真をアップロードするのに有料会員になる必要があります。なんタイプかあるのですが、私は、3ヶ月の一番安い有料会員登録をしました。日本円で、3,000円弱でした。

ただ問題が今言ったサイトは、全て承認制のサイトになるので、写真をアップロードしてから厳選な審査を得て、掲載されるみたいです。その審査が激難みたいです。でも承認されれば、自分の写真が世界基準に認められたと思っても良いくらい難しいみたいです。

私も試しに無料会員登録して、各サイトに1枚ずつアップロードしてみました。どうなるかとても楽しみで、ドキドキしています。まぁ落ちて当然と思って、合否を待ってみます。1xなどは、落ちた場合フィードバックをくれるみたいです。申請した写真の悪かったところに付いてコメントをくれるみたいなので、とてもありがたいです。またその内容を改善して、再申請することも出来るみたいです。

まぁ何事も自分で、チャレンジしてみなくては、分からないので、やるだけの事はやってみますね。その結果や内容は、当ブログで、紹介していきたいと思います。でも本当に難しい道を選んだみたいで、日々悩んでは、挫折しては、復活しての繰り返しで、プロの風景写真家になることは、本当に難しい道のりだと再認識させられました。

まとめ

サイトの作りや利用の私易さから、とりあえず1xに力を入れていきたいと思います。「お金も払ったし」審査は超難関のサイトですが、やりがいはありそうです。

並行して、RM作家としての活動も行っていきますので、そちらも同じように結果報告していきます。※現在休止(アップロード停止)している「マイクロストックが毎月十数枚売れている」みたいなので… マイクロにも預入した方が良いかもです(汗)。


風景写真が上手くなるための写真投稿サイトを比較

関連記事風景写真が上手くなるための写真投稿サイトを比較

審査制の写真投稿サイトの利用 審査制の写真投稿サイトは、写真の技術を向上させるには、最適なシステムだと思います。また世... 続きを読む

www.stockphotos.jp

ストックフォトで稼ぐには時間が必要

関連記事ストックフォトで稼ぐには時間が必要

ストックフォトで稼ぐまでに必要な条件 プロ専用のストックフォトでは、マイクロストックのように「今日撮影して1週間後に販... 続きを読む

www.stockphotos.jp

ストックフォトのカテゴリ

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

Phase One(中判デジタル)で、風景写真を撮影して販売しています。またPhotoshopのレタッチ・テクニックやストックフォトに関する情報も配信しています。

写真を一眼レフカメラで、上手く撮影しRAW現像するために必要な情報の全てをみんなとシェアできるように始めたブログです。

コメント

コメント一覧

  1. nori より:

    いつも楽しみに見ています。
    私はやっとjtbと作家契約できる頃になったのでこれからです。
    何か有りましたらまた私の方もアップデートさせていただきます。

    石村

    • ストックフォトス より:

      >noriさん
      ブログを読んで頂いて、ありがとうございます。またJTBの契約作家に合格して、おめでとうございます。
      これからが本番ですね。販売枚数を増やすためにがんばってください!
      私はまだまだ販売枚数が少ないので、頑張らなくてはなりません。現在JTBは、預入できていないのですが、よく聞く話では、旅行関連の写真が強いみたいです。
      私の方も出来るだけ掘り下げて、書いていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします!
      お互いに頑張りましょう!!

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2018年02月25日現在)

アフロ (登録)
809枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

新着記事

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真販売は戦国時代に突入 今まで周りの人達がRM作家として、風景写真を販売し稼い...

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

最近人気が高いRRSの自由雲台 以前までは、海外からしか購入できなかったRRS(...

風景写真の空の色を簡単にレタッチする方法

風景写真の空の色を簡単にレタッチする方法

売れる風景写真は空の色が重要 RM作家の間でよく議論されることが、「売れる風景写...

風景写真の絶景本に掲載!日帰り絶景さんぽ旅2018

風景写真の絶景本に掲載!日帰り絶景さんぽ旅2018

風景写真が絶景本の中面に掲載 首都圏から日帰りで行ける絶景地を紹介する「日帰り絶...

Facebookのモノクロ専用の写真投稿サイトBLACK Magazin

Facebookのモノクロ専用の写真投稿サイトBLACK Magazin

ドイツのモノクロ専用の写真投稿サイトのBLACK Magazin 風景写真を撮影...

アーカイブ