審査制の写真投稿サイトの東京カメラ部

2017年01月18日 : ストックフォトブログ記事

東京カメラ部

日本で最大の写真投稿サイト

恥ずかしい話なのですが、私は最近まで東京カメラ部と言う存在自体知りませんでした(汗)。では「なぜ知ることが出来たのか?」長野県で有名な撮影スポットの高ボッチに撮影に出かけている時に周りのカメラマンが「今日10選さんが2人も来ているよ〜」って言っていたのです。10選って何… 私は気になったので、そのカメラマンに聞いてみたら「東京カメラ部で選ばれた10人(10選)」と言われました。何が何だか分かりませんね。その場は、「そうなんですね」と言って帰ってきました。

でも気になっていたので、帰宅後東京カメラ部について、いろいろ調べてみるとなんと「日本最大の写真投稿サイト」だったのです。ほんと恥ずかしい話ですが、私は全く知りませんでした。

高ボッチで、カメラマンが言っていた「東京カメラ部の10選」とは、東京カメラ部が1年間で、優れたカメラマンを10人選ぶみたいです。その10人を東京カメラ部10選と言っていました。2012年から始まったみたいです。現在東京カメラ部は6年目に入っていますので、2012年から2016年の5年間で、50名が10選に選ばれているみたいです。

10選に選ばれたら東京カメラ部主催の写真展などに出品出来たりといろいろ特典があります。また現在10選に選ばれると出版社やカメラ関連メーカーとのコラボ企画の話などあるみたいです。東京カメラ部のfacebookページの参加者数は32万人を超えているので、効果大だと思います。

また投稿する写真の種類については、風景から人物まで、すべてのカテゴリが投稿可能で、加工した写真も大丈夫みたいです。1点気をつけなくてはならないのが、写真に大きくURLや広告だと判断される文字が入っている写真は、削除されるみたいです。また投稿した写真の審査基準や期間などは、分かりませんでした。審査通過した写真は東京カメラ部のページに掲載されるみたいです。

東京カメラ部に写真を投稿する方法

facebookで、写真を投稿する方法は、東京カメラ部のfacebookページのいいねを押したら誰でも簡単に写真を投稿することが出来ます。東京カメラ部のfacebookページに自分が投稿したい写真を投稿するだけです。

東京カメラ部関連facebookページ

twitterとInstagramでの投稿方法は、ハッシュタグに #東京カメラ部, #tokyocamerabuと入れて、写真を投稿するだけなので、とてもシンプルですね。

写真投稿サイトについて

私が思うには、自分の向かう方向にあった写真投稿サイトを選ぶことが重要かと思います。すべての写真投稿サイトを利用するのも良いですが、結構大変だと思います。私は実際に自分が利用して、自分に合っている写真投稿サイトを選び利用することにしています。その中で、2017年力を入れて取り組みたいサイトが1xとナショナルジオグラフィックになります。

なせ写真投稿サイトを利用するのか?

「別に写真投稿サイトを利用する必要もないのじゃないか?」など思うかともいるかと思います。これは写真家として、自分が目指している方向に進むために必要なら利用すれば良いと思います。

私の場合は、海外の風景写真家の写真が好きで、その方々と肩を並べて、いろんな仕事をしたいと夢見ています。そのためには、自分の写真がその水準をクリア出来る内容でなくては、ならないと思っています。

1xやナショナルジオグラフィックで、認められた場合は、その水準をクリアできるだけの技術が自分に身に付いたと思えるからです。また世界中の人に自分の写真を見てもらうことも出来るので、販売や仕事に繋がる機会も多くなると思います。

自分の目標に向かって進んで行くために必要なら利用すれば良いし、必要なければ利用しなくても良いと思います。写真投稿サイトのほとんどが無料で、利用出来るからです(1x以外)。

私がよく話をする有名なプロの写真家の方は、利用しないと言っていました。私が「なせ利用しないのか?」と尋ねると「自分の作品に良くも悪くも影響を及ぼす可能性があるから」っと言っていました。利用している写真投稿サイトの上位を狙ったり、認めてもらったりと努力する課程で、自分の作風に影響を及ぼす可能性があるからみたいです。

まとめ

世界中の写真投稿サイトで最も影響力があるのが、ナショナルジオグラフィックのPhoto of the Dayに選ばれることだと思っています。また風景写真をメインとしている方にも利用する価値が大いにある写真投稿サイトです。Photo of the Dayは、本当に最高の写真でないと、選ばれることはありません。2017年は選んで頂けるような感動的な風景写真を撮影できる様に頑張りたいと思っています。

また1xのAwardedにも選ばれることやPublishedの掲載枚数を数十枚にすることも目標の一つになっています。これをクリアできれば、自分が求めているものが手に入るような気がしています。まぁ実際に取ってみないとその先を見ることが出来ないので、分かりませんが… 2017年皆さんにとても良い年になりますように!


風景写真が上手くなるための写真投稿サイトを比較

関連記事風景写真が上手くなるための写真投稿サイトを比較

審査制の写真投稿サイトの利用 審査制の写真投稿サイトは、写真の技術を向上させるには、最適なシステムだと思います。また世... 続きを読む

www.stockphotos.jp

審査制の写真投稿サイトのカテゴリ

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

Phase One(中判デジタル)で、風景写真を撮影して販売しています。またPhotoshopのレタッチ・テクニックやストックフォトに関する情報も配信しています。

写真を一眼レフカメラで、上手く撮影しRAW現像するために必要な情報の全てをみんなとシェアできるように始めたブログです。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2018年02月26日現在)

アフロ (登録)
809枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

新着記事

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真販売は戦国時代に突入 今まで周りの人達がRM作家として、風景写真を販売し稼い...

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

最近人気が高いRRSの自由雲台 以前までは、海外からしか購入できなかったRRS(...

風景写真の空の色を簡単にレタッチする方法

風景写真の空の色を簡単にレタッチする方法

売れる風景写真は空の色が重要 RM作家の間でよく議論されることが、「売れる風景写...

風景写真の絶景本に掲載!日帰り絶景さんぽ旅2018

風景写真の絶景本に掲載!日帰り絶景さんぽ旅2018

風景写真が絶景本の中面に掲載 首都圏から日帰りで行ける絶景地を紹介する「日帰り絶...

Facebookのモノクロ専用の写真投稿サイトBLACK Magazin

Facebookのモノクロ専用の写真投稿サイトBLACK Magazin

ドイツのモノクロ専用の写真投稿サイトのBLACK Magazin 風景写真を撮影...

アーカイブ