RAW現像に必要なワコムのペンタブレットINTUOS PRO

2017年02月09日 : ストックフォトブログ記事

風景写真のRAW現像にはペンタブレットがベスト

風景写真のRAW現像にはペンタブレットがベスト

ペンタブレットと言えば、ワコムのペンタブレットに人気が集中していたので、私もワコムのペンタブレットを2年前に購入しました。現在は、新しいタイプのペンタブレットが出ていますが、LサイズとMサイズしか販売していないみたいです。

私が購入したペンタブレットの大きさは、Mサイズなので、少し大きく感じています。やはり持ち運び等を考えるとSサイズの方が良かったと思っています。

購入したMサイズは、ちょっと大き過ぎました… Macbook Proの15インチと変わらないサイズなので、旅行先などに持っていく場合は、面倒かと思います。自宅での使用なら問題ないと思います。

タブレットには、認識させる範囲設定も出来るので、自由度は高いです。私の場合は、ペンのストロークを小さくしたいので、かなり狭めの範囲をペンタブレットに設定しています。タブレット全体の4分の1くらいしか使っていません。

ペンタブレットは、いろんなメーカーから出ていますが、筆圧などを考慮するとワコムが良いと思います。私は、その他のメーカーのペンタブレットを使ったことがないので、使用感などは分かりませんが、ワコムのペンタブレットは、非常に評判が良いですね。

ワコム intuos Pro PTH-651の仕様

  • 筆圧レベル:最高2048レベル、ファンクションキー数:6、傾き検知機能搭載
  • 外形寸法(W×D×H):379.9×251.4×11.5mm、質量:約1Kg
  • ペンスタンド(替え芯+芯抜き)、ペンリング、UBS接続、ケーブル、アプリケーションダウンロードガイド
  • 読取可能範囲:223.5×139.7mm、読取精度:±0.25mm
  • 読取速度:最高200ポイント/秒、読取可能高さ:10mm
  • 対応システム:Windows 8/Windows 7(SP1以降)/Vista(SP2以降)
  • Mac OS X 10.6.8以降

※種類 Sサイズ, Mサイズ, M(Special Edition), Lサイズの4タイプがあります。

ペンタブレットのペン

ペンタブレットのペン

ペンタブレットのペンには、3箇所ボタンが付いていて、ショートカットを割り当てることが出来ます。その中でも一番重宝しているボタンが、「ブラシのサイズを変更する(Control + Option)」です。各ボタンには、好きな機能を割り当てることが出来ます。

マウスでは、出来ないことが、風景写真のRAW現像に必要になります。私がいろいろ紹介しているRAW現像方法は、海外の風景写真家の方が利用している技術をご紹介したりしていますが、その技術を使うにもペンタブレットは、必要不可欠なアイテムの1つです。

どうしても「目立ってしまう境界部分」をペンタブレットなら筆圧機能で、分からないようにする事が出来ます。また利用するエフェクトなども自然な感じに仕上がるためペンタブレットの利用をオススメします。

環境設定で設定可能

環境設定で設定可能

ペンやテールスイッチ、マッピングなどの設定も各ソフトごとに設定することが可能になっています。また会員登録をするとワコムのクラウドで、設定を保存し、共通化することも出来るみたいですが、私は利用していません。

いちばん重要な設定は、マッピングと筆圧の設定が重要です。またペンタブレットで、ショートカットを利用したい時は、テールスイッチなどに割り当てることも出来ます。私の場合は、キーボードのショートカットキーを利用しています。

まとめ

現在ペンタブレットを持っていない方は、真剣に購入を検討しても良いと思えるほど、必需品かと思います。私もはじめは、マウスでRAW現像を行っていましたが、ペンタブレットに変えたら、効果の境界や滑らかさが劇的に変わりました。

絵を描く感覚で、Photoshopのエフェクトなどの効果を適用させることで、自然な仕上がりの風景写真にすることが出来ます。またペンタブレットを利用すれば、選択範囲の代わりにペンで、描くように作ることも出来るので、利用範囲は幅広いと思います。

カメラ機材のカテゴリ

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

Phase One(中判デジタル)で、風景写真を撮影して販売しています。またPhotoshopのレタッチ・テクニックやストックフォトに関する情報も配信しています。

写真を一眼レフカメラで、上手く撮影しRAW現像するために必要な情報の全てをみんなとシェアできるように始めたブログです。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2018年11月19日現在)

アフロ (登録)
1,164枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

動画販売枚数 (2018年11月19日現在)

アフロ
576枚
アマナ
215枚
gettyimages
8枚

新着記事

4Kの風景動画をストックサイトで販売開始

4Kの風景動画をストックサイトで販売開始

ストック動画、ビデオ、フッテージ 今まで風景写真ばかり撮影しRMやRFのライセン...

Veroのフューチャーアカウン

Veroで写真を拡散するフューチャーアカウントとハッシュタグのまとめ

Veroのフューチャーアカウント 写真をメインにVeroを利用する場合は、やはり...

03

Veroに写真を投稿して利用を開始する方法

Veroに写真を投稿する Veroには、多くの機能がありますが、私がよく利用する...

Veroは話題のソーシャルメディアアプリ

Veroの使い方!写真家に必要なソーシャルメディアアプリ!

Veroとは VeroにはInstagramから多くのユーザーが流れてきていて、...

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真販売は戦国時代に突入 今まで周りの人達がRM作家として、風景写真を販売し稼い...

アーカイブ