Photoshopで朝焼けを綺麗な色にRAW現像する方法

2017年07月05日 : ストックフォトブログ記事

朝焼けの色をPhotoshopで綺麗にする

朝焼けの色をPhotoshopで綺麗にする

ニュージーランドのワナカの朝焼けの写真です。ワナカの朝焼けを撮影したくて、5日間通いましたが、これ以上紅くなることは、ありませんでした。この右上の部分を赤くしたいと思います。ドラマティックな風景写真にするには、雲は外せないアイテムのひとつです。

以前ご紹介した「Photoshopで風景写真の色を簡単に置き換える方法」の実践編です。これからは、ワークフローも紹介したいと考えています。「各テクニックを覚えたけど、どの様に利用するの?」って声を聞く機会が増えてきたため頑張って更新していきたいと思います。

幻想的な朝焼けの空を作る方法

幻想的な朝焼けの空を作る方法

まず一番上に空の新規レイヤーを作ります。アクティブカラーをスポイトで、朝焼けの赤から取得します。

ブラシで朝焼けの色を塗る

ブラシで朝焼けの色を塗る

ブラシの流量を40〜50%位で、雲の凹凸部分をランダムになぞっていきます。またブラシサイズを変更したり流量を変更して、二度塗りを行って下さい。※分かりにくいので、動画の方を見て下さい。

ぼかしのガウスを掛ける

ぼかしのガウスを掛ける

ツールバーのフィルターメニューから「ぼかしのガウス」を選択します。そしてオプション設定画面の半径を調整します。※半径はブラシの塗具合で、変更して下さい。全体を均等にぼかせる半径が良いでしょう。

朝焼けの色を調整する

朝焼けの色を調整する

ブラシで塗ったレイヤーをダブルクリックします。そしてレイヤースタイル画面のカラーオーバーレイの色や不透明度を調整して、OKをクリックします。※コツは少し濃い色を選択する。そして最後は、いつものようにレイヤーの不透明度を調整して完成です。

朝焼けを綺麗にRAW現像する前と後

Before After

朝焼けを綺麗にRAW現像する動画

まとめ

このテクニックは、とても多くの範囲で利用することが可能です。夜の光線写真や水面の色など、本当に多くの範囲で利用することが出来るため是非覚えて利用して下さい。

私が利用するRAW現像の3大テクニックが「ディテール、色変え、Orton」の3つです。その3大テクニックのひとつが、このテクニックになります。その他のテクニックを合わせて応用することで、幅広い表現が可能になります。

Photoshopで風景写真の色を簡単に置き換える方法<

関連記事Photoshopで風景写真の色を簡単に置き換える方法

Photoshopで色を自由に作る方法 風景写真をPhotoshopでRAW現像していて、「色味を自分のイメージ通りに... 続きを読む

www.stockphotos.jp

風景写真を劇的に変えるPhotoshopのレタッチ・テクニック

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

風景写真のRAW現像テクニックやストックフォトに関する情報を配信しているブログになります。メインの活動は、RM作家として風景写真の販売を行っています。

「なぜAceなの?」ってよく聞かれるのですが、これは以前語学留学していた時に学校の先生が付けてくれた英語名になります。海外の方が覚えやすいように使っています。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2017年11月22日現在)

アフロ (登録)
786枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

新着記事

01

白糸の滝は軽井沢の人気撮影スポット

長野県軽井沢の撮影スポットの概要 白糸の滝は、長野県軽井沢の有名撮影スポットにな...

01

モニターをキャリブレーションするツールのおすすめSpyderでiMacを調整する方法

Spyder 4 Pro, Spyder 5 モニターをキャリブレーションする事...

CF005253e

岐阜県の郡上八幡城

郡上八幡城 日本最古の木造再建城の郡上八幡城は、桜と紅葉のシーズンが良いと思いま...

撮影で対処できない強いハイライト(白飛び)の補正をPhotoshopで簡単にする方法

撮影で対処できない強いハイライト(白飛び)の補正をPhotoshopで簡単にする方法

完全な白飛びは補正不可能 今までに様々な被写体を撮影したと思いますが「白飛びや黒...

アーカイブ