1xの写真コンテストについて

2017年01月21日 : ストックフォトブログ記事

1xの写真コンテストについて

Awardedについて調べてみた

1xの最高峰のカテゴリのAwardedは、英語の意味の通り1xの写真コンテストに受賞した作品に与えられるカテゴリでした。1年に1回開催される写真コンテストで、去年の12月末に締め切られました。今年の2017年第7回写真コンテストは、まだ前回の写真コンテストが終わったばかりなので、募集を開始していませんでした。

今年1年間あるので、今まで以上に考えて良い作品を撮り第7回の1x写真コンテストに応募したいと思います。写真コンテストに応募するためには、1枚に付き19ユーロ必要になります。応募できるテーマも12種類あるのですが、風景写真に応募したいと思います。またかなりハードルが高いので気合を入れて取り組みたいですね。

海外には、壮大な風景が多く存在するので、その方々と戦わなくてはならないのは、かなり厳しく思いますが、試行錯誤して、少しでも近づけるように励みたいと思います。

1x写真コンテスト受賞した場合

  • 大賞は$20,000
  • 第2位は$1000
  • 第3位は$500
  • People’s Choice大賞は$1000

上記の賞金の他に1xのサイトなどに掲載されたりプロメンバーシップが1年間無料になったりと特典がいろいろあります。多分締切は今年の12月末くらいなので、良い作品を撮りに行くことが可能なため、チャンスがあると思っています。

大賞の金額が$20,000って多くないのでしょうか?海外なら普通なのでしょうか?まぁ取れないので、余計なことを考えるより、良い作品を撮影出来るようにいろいろ考えた方が良いですね。

1x写真コンテストに応募する作品ついて

1x写真コンテストに応募する作品ついて

1xにキュレーションされた写真のみみたいです。またドキュメンタリーと自然は、基本的な現像のみで、過度のレタッチは、NGみたいです。必要に応じて元ファイルの提出を要求される場合があるみたいなので、気をつける必要があります。

提出テーマは、12種類用意されており、応募写真の枚数にも制限はないみたいです。でも1枚あたり19ユーロかかるので、あまり多くは出せないですね。1x側は「多く作品を応募することで、チャンスが広がる」って書いていましたが、無料じゃないので、ベストショットの2,3枚の応募になると思います。

今まで、写真コンテストに応募したことがないので、良い経験になると思っています。国内でも多数の写真コンテストを行っているみたいですが、応募したことはありません。1xのコンテストはチャレンジしてみたくなりました。でも応募するかしないかは、今年撮影した写真によりますが… 少し楽しみです。

1xに投稿を始めてからの私の現状

1xに投稿を始めてからの私の現状

1xに2枚目の写真を提出していたのですが、無事にPublishedされました。「なんか今年は写真にとっては良い年かも」って思ってしまいそうです。調子に乗って3枚目と4枚目を提出したのですが、これは落とされそうです。審査依頼してからStatisticsページのpopularityを確認することで、現在までの評価がわかります。審査依頼したすぐは、popularityが100%で、キュレーターがチェックするごとにpopularityが下がっていくみたいです。合格審査の時にpopularityも少しは考慮すると1xのヘルプにも書いていましたので、少し気にしています。

落選があまり続くとヘコミそうですが、挫けず継続したいと思います。「継続は力なり」です(笑)!Acceptance ratioが現在は100%なのですが、最低でも30%位で止まってくれれば良いのですが、難しいかもですね。

まとめ

Publishedの掲載写真が増えて行けば、まだ見たことない世界を見れるのではないかと思って、頑張っていますが、やはり何事もそんなに甘くないでしょうね。でもやれるだけの事は、やりたいと思います。後悔しないように!

Fine Artにも1枚写真を提出しているのですが、まだ結果連絡はありません。Fine Artは1xより審査が厳しいみたいです… 結果連絡が来たらまたご報告します。

風景写真が上手くなるための写真投稿サイトを比較

関連記事風景写真が上手くなるための写真投稿サイトを比較

審査制の写真投稿サイトの利用 審査制の写真投稿サイトは、写真の技術を向上させるには、最適なシステムだと思います。また世... 続きを読む

www.stockphotos.jp

審査制の写真投稿サイトのカテゴリ

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

Phase One(中判デジタル)で、風景写真を撮影して販売しています。またPhotoshopのレタッチ・テクニックやストックフォトに関する情報も配信しています。

写真を一眼レフカメラで、上手く撮影しRAW現像するために必要な情報の全てをみんなとシェアできるように始めたブログです。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2018年02月26日現在)

アフロ (登録)
809枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

新着記事

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真販売は戦国時代に突入 今まで周りの人達がRM作家として、風景写真を販売し稼い...

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

最近人気が高いRRSの自由雲台 以前までは、海外からしか購入できなかったRRS(...

風景写真の空の色を簡単にレタッチする方法

風景写真の空の色を簡単にレタッチする方法

売れる風景写真は空の色が重要 RM作家の間でよく議論されることが、「売れる風景写...

風景写真の絶景本に掲載!日帰り絶景さんぽ旅2018

風景写真の絶景本に掲載!日帰り絶景さんぽ旅2018

風景写真が絶景本の中面に掲載 首都圏から日帰りで行ける絶景地を紹介する「日帰り絶...

Facebookのモノクロ専用の写真投稿サイトBLACK Magazin

Facebookのモノクロ専用の写真投稿サイトBLACK Magazin

ドイツのモノクロ専用の写真投稿サイトのBLACK Magazin 風景写真を撮影...

アーカイブ