なぜRM作家を始めたか?

2016年10月07日 : ストックフォトブログ記事

ace_dsc1505e

なんでもやってみなくては、分からないから面白い

私は3年前からカメラを始めたのですが、それと同時にマイクロストックフォトも始めました。ただ撮影するよりは、自分の技術の進歩などが分かりやすく、また収入になればカメラ機材などに投資できると判断したからです。

でも現在は、マイクロストックフォトは休止中です。RM作品を多く販売するためにアフロをメインに販売枚数を増やしています。なぜマイクロストックフォトからRMに変更したか?

みんな気になるプロ専用ストックフォトとマイクロストックフォトの違い

  • 販売単価の違い
  • 信頼度の違い
  • オンライン販売だけでなく、営業マンもいる
  • 担当者が相談に乗ってくれる
  • RMなら何に利用されたか分かる

マイクロストックフォトに作品を預けている中で、少しづつ売れてきたのですが、販売単価が安くて、モチベーションも上がらず、自分なりにいろいろ悩んで、プロ専用のストックフォトを始める決意をしました。

はじめは、自分の写真では、登録審査を通過することが出来ないだろうと思っていたので、審査に出すことが出来ずマイクロストックフォトに預入していましたが、どうしても風景写真で生活できるだけの収入を得ることが目標だったので、ステップアップするしかないと心に決め審査に出すことにしました。

カメラを初めて2年目くらいですが、「決めるのは自分じゃなく、審査員」なので、出さないことには何も始まらないからです。私は、大手4社(アマナ、アフロ、JTBフォト、イメージナビ)に審査用作品を送りました。登録審査関連は こちら の記事を読んで下さい。

審査合格の返事を頂いた時は、本当に嬉しかったです。これから人生初のRM作家として、自分の作品を販売出来るし、以前からTVなどで、目にしていたアマナやアフロと書かれたクレジット表記のストックフォトに預けたいと思っていたからです。自分の写真が認められた実感とまだ見ぬ高額収入に夢を膨らませていました。

人生一度切りだし、何も行動せずに自分で、勝手に答えを出して、諦めていたら何も始まらないからです。そこで審査に落ちたら、なぜ落ちたかなど知ることが出来改善することも出来るので、チャレンジすることが良いことだと思います。

審査通過がゴールでは無いので、ここからが本当のスタートになり、大変な道のりが待っています。自分の作品が登録されても「売れなきゃ販売している意味がない」から売れる作品を預け入れするために勉強する日々が始まりました。人生勉強ばかりです(泣)。

まずは販売枚数を増やすことが一番重要です。なぜなら自分の作品の露出度を上げることが重要で、販売枚数が少なければ、それだけ露出度が低く販売につながる確率が下がりますので、「どんどん送ってください。」といつも担当の方に言われています。これが中々難しいのですが、一度決めたからには、最後までやるしか無いので、少しの枚数でも送って登録してもらっています。また新作を送っても登録作業には、1ヶ月から2ヶ月位かかる見たいなので、少しの枚数でも送ることが良いかと思って送っています。

販売枚数を増やすことは、とても重要ですが、手当たり次第送っても登録されない場合があるので、そのあたりも注意する必要があります。私の場合は、自分なりに厳選した作品を送っているので、登録される確率は9割位です。登録枚数は最低1000枚位以上は必要ですね。

知人の作品は、よくJR等のポスターなどになっています。私の作品も知名度のある企業のポスターなどに使ってもらえたら本当にうれしいですが、それはいつの日になるか分かりませんが、諦めず頑張って行きたいと思っています。「継続は力なり」努力していれば、結果は後からついてくるものだと自分に言い聞かせて、やれるだけのことをやっています。

まとめ

私はRMに登録する時にいろんなサイトを調べてみたのですが、RMについての情報が少なく手探りで、進めてきましたが、色々大変だったので、興味のある方の参考になればと思って当ブログを運営しています。

ストックフォトだけでなく撮影スポットや機材関連等も随時更新していきますので、これからもよろしくお願いします。


ストックフォトのカテゴリ

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

Phase One(中判デジタル)で、風景写真を撮影して販売しています。またPhotoshopのレタッチ・テクニックやストックフォトに関する情報も配信しています。

写真を一眼レフカメラで、上手く撮影しRAW現像するために必要な情報の全てをみんなとシェアできるように始めたブログです。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2018年02月26日現在)

アフロ (登録)
809枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

新着記事

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真販売は戦国時代に突入 今まで周りの人達がRM作家として、風景写真を販売し稼い...

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

最近人気が高いRRSの自由雲台 以前までは、海外からしか購入できなかったRRS(...

風景写真の空の色を簡単にレタッチする方法

風景写真の空の色を簡単にレタッチする方法

売れる風景写真は空の色が重要 RM作家の間でよく議論されることが、「売れる風景写...

風景写真の絶景本に掲載!日帰り絶景さんぽ旅2018

風景写真の絶景本に掲載!日帰り絶景さんぽ旅2018

風景写真が絶景本の中面に掲載 首都圏から日帰りで行ける絶景地を紹介する「日帰り絶...

Facebookのモノクロ専用の写真投稿サイトBLACK Magazin

Facebookのモノクロ専用の写真投稿サイトBLACK Magazin

ドイツのモノクロ専用の写真投稿サイトのBLACK Magazin 風景写真を撮影...

アーカイブ