審査制の写真投稿サイトの1xに順調よくPublished

2017年01月29日 : ストックフォトブログ記事

1xのPublishedの掲載枚数が増えきた

1xのPublishedの掲載枚数が増えてきた

1xには、「私の目標の風景写真が並んでいる」って思います。伝わる、伝える、感じる風景写真が多く掲載されています。私は、まだまだその領域には、入ることが出来ませんが… てっか「入ることが出来るのでしょうかねぇ」いつもポジティブに頑張っていますが、あまりにも凄い風景写真を見たら、自分とのレベルの差が大きすぎて、凹むこともあります。でも諦めずチャレンジして行きたいと思っています。

いつの日か1xに掲載された写真を見て、「自分の写真がどれか分からないくらい」まわりの写真に溶け込めるレベルの風景写真を撮影したいと思っています。それが今年の目標です。「今年は、○○コンテストに入賞が目標です」とかあまり思いません。自分の風景写真が、自分が認めた風景写真家の方と同じレベルになることが目標です。

写真コンテストは、他人の評価なので、見る人が変われば、意見も感じ方も変わると思います。なので自分の目標は、ブレない明確な物が良いと思っていますが、私は良くブレています…(汗)。 この事を私は、「自分のスタイル」っと言っています。構図、撮影、RAW現像のスタイルを確立し、自分が目標にしているレベルになることが、最大の目標です。

あくまでも私が目指している道なので、人それぞれ方向も選ぶ道も違うかと思いますので、自分に合った道を選ぶことが重要です。まだ見つけることが出来ていない方は、いろいろチャレンジする事で、一番ベストの道を見つけることが出来るはずです。すべてに置いて、チャレンジすることは、自分を高めることに繋がると私は信じています。

世界基準の審査制写真投稿サイトの1xの報告になります。現在の勝率は、8枚投稿して、3枚Published、3枚落選、2枚審査中になります。実際に1xを使い始めて、メリットやデメリットなのですが、私の場合は、メリットの方を多く感じています。

1xを利用して感じたメリット

やはり世界基準の審査制写真投稿サイトの1xなので、Publishedされた時の嬉しさをどこのサイトよりも感じることが出来ます。また少し自信がなかった風景写真がPublishedされただけで、自信を持つことが出来ます。

一流のプロの風景写真家の方が、私の写真について、アドバイスをくれたり、感じたことを率直にコメント欄に書いてくれたりしますので、今後の撮影にすごく役に立つと思っています。

未だに思うのですが、自分の風景写真が、Popularとかに並んでいたら、「他の作家さんの写真よりかなり見劣りしている」って、よく感じています。なんとか他の作家さんと同じレベルまで、高めたいと思いながらチャレンジしていますが、そう簡単ではありませんね(汗)。

1xを利用して感じたデメリット

デメリットについてなのですが、あまり感じたことがありません。最近投稿される写真が増えたみたいで、審査に時間が掛かるようになってきています。先日Publishedされた写真は、7日間かかりました。以前の2枚は、5日間でPublishedされたのですが、でも問題ない審査日数だと思っています。

今まで、3枚落とされましたが、その写真は、現像段階で不安はありました。「コントラストや色味がちょっとちがうかなぁ〜」とか思っていた写真は、やはり落とされました。自分に不安がある写真は、「見る方にも伝わるのかなぁ」って本当に思いましたね(汗)。これからは、自分が納得した写真のみを審査投稿したいと思います。

感動的な風景写真が集まる写真投稿サイトの1X(ワンエックス)<

関連記事感動的な風景写真が集まる写真投稿サイトの1X(ワンエックス)

ハイクオリティーの写真を見ることが出来る 審査制の写真投稿サイトの1xにチャレンジしてから1週間ですが、投稿した1枚目... 続きを読む

www.stockphotos.jp

ポイントで、写真家ランキング

ポイントで、写真家ランキング

最近気づいたのですが、ポイントで、写真家のランキングがありました。1x内のいろんな機能を利用したらポイントが貯まる仕組みになっています。他の人の写真にコメントを書いたり、キュレーターからコメントを貰ったりするとポイントが貰えます。

でもコメントなどで、貰えるポイントはすごく少ないので、あまり意味がありません。一番は、Publishedされることですね。Publishedされると1000ポイント貰えて、尚且つプリント販売すれば、プラス1000ポイント貰える内容になっています。

私も頑張って、日本ランキングの「ベスト10に入りたいですね」いつのことか分かりませんが… 写真家ランキングは、世界ランキングと国別ランキングがありますが、世界ランキングの3位に日本人の方がいます。「本当に凄い方ですね」写真を見たのですが、風景写真ではなくストリート系の写真を撮っている方でした。1xには、多くの日本人の写真家の方も投稿していますが、風景写真の方は少ないと感じました。

まとめ

1xには、本当に綺麗な風景写真が数多く掲載されていて、見ていても飽きません。また勉強にもなりますので、時間があれば良く見ています。今一番熱い、お気に入りの審査制の写真投稿サイトです。

審査制写真投稿サイトは、合格している写真を見ると、そのサイトの方向性やコンセプトが分かると思います。その中で、自分に合った審査制の写真投稿サイトを利用することが、一番良いと思います。私は、1xが好きですが、嫌いな方も少なからず居ると思います。

風景写真が上手くなるための写真投稿サイトを比較<

関連記事風景写真が上手くなるための写真投稿サイトを比較

審査制の写真投稿サイトの利用 審査制の写真投稿サイトは、写真の技術を向上させるには、最適なシステムだと思います。また世... 続きを読む

www.stockphotos.jp

審査制の写真投稿サイトのカテゴリ

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

風景写真のRAW現像テクニックやストックフォトに関する情報を配信しているブログになります。メインの活動は、RM作家として風景写真の販売を行っています。

「なぜAceなの?」ってよく聞かれるのですが、これは以前語学留学していた時に学校の先生が付けてくれた英語名になります。海外の方が覚えやすいように使っています。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2017年11月22日現在)

アフロ (登録)
786枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

新着記事

01

モニターをキャリブレーションするツールのおすすめSpyderでiMacを調整する方法

Spyder 4 Pro, Spyder 5 モニターをキャリブレーションする事...

CF005253e

岐阜県の郡上八幡城

郡上八幡城 日本最古の木造再建城の郡上八幡城は、桜と紅葉のシーズンが良いと思いま...

撮影で対処できない強いハイライト(白飛び)の補正をPhotoshopで簡単にする方法

撮影で対処できない強いハイライト(白飛び)の補正をPhotoshopで簡単にする方法

完全な白飛びは補正不可能 今までに様々な被写体を撮影したと思いますが「白飛びや黒...

00

風景写真の絶景本に掲載!思いたったらすぐ行ける! 和の絶景百選

販売用の風景写真が絶景本に採用 47都道府県の旅行プランに最適な絶景本の中面に私...

アーカイブ