Photoshopで作る選択範囲のまとめ

2017年03月03日 : ストックフォトブログ記事

Photoshopの選択範囲について

Photoshopの選択範囲について

Photoshopで風景写真をRAW現像するには、多くの高度なテクニックもありますが、まずは基本的な部分を学ぶことが重要です。その基本技術で、RAW現像している時に自分が行いたい処理が出来ない場合があります。その時に追加のテクニックを勉強すれば良いと思います。

「今まで選択範囲なんか使ったこと無いよ」って方は、自分が利用しやすい選択範囲から試してみるのが良いでしょうね!最終的に出来たマスクをレベル補正やトーンカーブで再調整することも可能なので、ハイライトやシャドーの狭い範囲にも選択範囲を作ることが出来ます。選択範囲を上手く調整することで、幅広く利用することが出来ます。

Photoshopのチャンネルから選択範囲を作る

Photoshopのチャンネルから選択範囲を作る

チャンネルから選択範囲を作る方法は、明暗差を基準にする場合が利用しやすいです。また空などの選択範囲も取得しやすいと思います。特別なテクニックがなく利用できるため一番利用しやすいテクニックの一つになります。

チャンネルには、RGB、レッド、グリーン、ブルーと4つのチャンネルがありますが、状況に応じて一番良いチャンネルを基本として利用します。そしてレベル補正やトーンカーブで、マスクを調整してベストのマスクを作ります。

Photoshopのチャンネルから選択範囲を作る(ハイライト編)

関連記事Photoshopのチャンネルから選択範囲を作る(ハイライト編)

風景写真のRAW現像に必要不可欠な選択範囲を作る方法 空のハイライト部分が飛び気味なので、ハイライト部分だけをアンダー... 続きを読む

www.stockphotos.jp

Photoshopのチャンネルから選択範囲を作る(シャドー編)

関連記事Photoshopのチャンネルから選択範囲を作る(シャドー編)

Photoshopのチャンネルからシャドー部分の選択範囲を作る方法 基本的にハイライトと作り方は同じだと思って大丈夫で... 続きを読む

www.stockphotos.jp

Photoshopの色域指定で選択範囲を作る

Photoshopの色域指定で選択範囲を作る

色域指定で作る選択範囲は、色を基準に出来る場合に利用することがベストです。例えば青空の色や明るさを変更したい場合などによく利用することが出来ます。また木々の緑色なども調整することが出来ますね。

色域指定で選択範囲を作る時は、許容量の項目を調整することが、とても大事になってきます。この許容量で、特定の色から幅広い色の領域に調整することが出来るからです。

Photoshopの色域指定で選択範囲を作る(ハイライト編)

関連記事Photoshopの色域指定で選択範囲を作る(ハイライト編)

Photoshopで選択範囲を作る方法第2弾 Photoshopで簡単に綺麗な選択範囲を作る方法は、大まかに3種類あり... 続きを読む

www.stockphotos.jp

Photoshopの色域指定で選択範囲を作る(シャドー編)

関連記事Photoshopの色域指定で選択範囲を作る(シャドー編)

Photosohpの色域指定で選択範囲を作る方法 この色域指定は、文字通り色を基準に作られる選択範囲になります。ハ... 続きを読む

www.stockphotos.jp

Photoshopの画像操作で選択範囲を作る

Photoshopの画像操作で選択範囲を作る

画像操作は、ハイライト部分とシャドー部分の選択範囲に適している機能になります。当ブログでもよく紹介している露出ブレンドに使われる選択範囲のひとつになります。一度の操作では、幅広い領域をカバーしていますが、繰り返し操作することで、カバーしている領域を狭めてくれます。

また画像操作で出来たマスクをレベル補正やトーンカーブを使って、調整することも出来るので、よく利用する選択範囲の作り方になります。

Photoshopの画像操作で選択範囲を作る(ハイライト編)

関連記事Photoshopの画像操作で選択範囲を作る(ハイライト編)

Photoshopの画像操作から選択範囲を作る方法 Photoshopeで作る選択範囲(ハイライト編)の最後になります... 続きを読む

www.stockphotos.jp

Photoshopの画像操作で選択範囲を作る(シャドー編)

関連記事Photoshopの画像操作で選択範囲を作る(シャドー編)

Photoshopの画像操作で選択範囲を作る方法 Photoshopで作る選択範囲の画像操作編ですが、このテクニックは... 続きを読む

www.stockphotos.jp

まとめ

Photoshopで風景写真をRAW現像する場合は、この選択範囲がかなり重要になるため、この機会に是非覚えて利用してみて下さい。Photoshopの1つの機能で、簡単に選択範囲を作る方法なので、利用しやすいと思います。

今回ご紹介した選択範囲の作り方は、どのような場合でも利用可能なので、自分が行いたい処理に適した選択範囲の作り方を選び利用して下さい。選択範囲を上手く作るには、綺麗なマスクを作ることが重要になるので、出来るだけ中間色を失わない綺麗なマスクを作ることを心がけてみて下さい。

風景写真を劇的に変えるPhotoshopのレタッチ・テクニック

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

Phase One(中判デジタル)で、風景写真を撮影して販売しています。またPhotoshopのレタッチ・テクニックやストックフォトに関する情報も配信しています。

写真を一眼レフカメラで、上手く撮影しRAW現像するために必要な情報の全てをみんなとシェアできるように始めたブログです。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2018年06月20日現在)

アフロ (登録)
1,018枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

新着記事

Veroのフューチャーアカウン

Veroで写真を拡散するフューチャーアカウントとハッシュタグのまとめ

Veroのフューチャーアカウント 写真をメインにVeroを利用する場合は、やはり...

03

Veroに写真を投稿して利用を開始する方法

Veroに写真を投稿する Veroには、多くの機能がありますが、私がよく利用する...

Veroは話題のソーシャルメディアアプリ

Veroの使い方!写真家に必要なソーシャルメディアアプリ!

Veroとは VeroにはInstagramから多くのユーザーが流れてきていて、...

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真販売は戦国時代に突入 今まで周りの人達がRM作家として、風景写真を販売し稼い...

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

最近人気が高いRRSの自由雲台 以前までは、海外からしか購入できなかったRRS(...

アーカイブ