角型ハーフNDフィルターの種類と簡単な使い方

2017年11月27日 : ストックフォトブログ記事

LEEのハーフNDフィルターのソフトとハード

LEEのハーフNDフィルターのソフトとハード

角型フィルターには、多くの種類があるのですが、今回ご紹介する角型フィルターは、ハーフNDフィルターのソフトとハードになります。※左:ハード、中:ソフト、右:ソフト

ハーフNDフィルターのソフトとハードの違いは、写真を見ていただければ分かると思いますが、グラデーションの境界部分が違います。境界部分のグラデーションが滑らかな方がソフトになり、境界部分がくっきりしている方がハードになります。

ハーフNDフィルターの必要性については、いろんな考え方があると思うのですが、風景写真の撮影には、必要不可欠だと思っています。

当ブログで紹介している「露出ブレンド」して対処することも出来るため、必ず必要だと言うアイテムでは、無いと思っている方もいるかもしれませんが、私の場合は、ハーフNDフィルターは、必要アイテムです。「露出ブレンド出来るから心配ない」と思っていても被写体が動いたりしている場合や条件次第では、露出ブレンド出来ない時もあります。

ハーフNDフィルターの場合は、撮影現場で確認することが出来るので、そうした失敗がなくなります。また撮影現場で、確認して再撮影することも出来ます。私は、基本的に現場で、完結出来きるような撮影を心がけています。

ハーフNDフィルターのソフト

ハーフNDフィルターのソフト

ハーフNDフィルターのソフトは、一番利用頻度が高いフィルターになります。ND9とND6を持っていますが、ND9の方を利用する機会が多い感じです。

ハーフNDフィルターのソフトの使い方

例えば朝焼けを思い浮かべて下さい。空に露出を合わせたら「下の被写体が黒つぶれする」し、下の被写体に露出を合わせたら「空が白飛びしてしまう」などの状況で、利用されることが多いです。

ハーフNDフィルターを利用する時は、ベストの位置より少し戻してから撮影すると綺麗なグラデーションを掛けることが出来ます。

ハーフNDフィルターも頻度に利用して、使い方やコツを覚える必要があります。様々な被写体や状況で、使い方が変わるからです。「覚えるより慣れろ」ですね!

ハーフNDフィルターのハード

ハーフNDフィルターのハード

ハーフNDフィルターのハードを使う時は、境界線が分からないように気をつける必要があります。ハーフNDフィルターのハードはソフトに比べて境界線がハッキリとしているため、境目が目立つ場合があります。

私は、ハード単体で利用する事は、あまりありません。ハーフNDフィルターのハードを利用する時は、ソフトと合わせて使うことが多いです。

ハーフNDフィルターのハードの使い方

まず初めにレンズ側にハーフNDフィルターのソフトを付けて、撮影するのですが、ソフトでも満足できない場合にソフトの後ろにハーフNDフィルターのハードを設置して、撮影することが多いです。

海の朝焼けや夕焼けでもハーフNDフィルターのソフトとハードを2枚合わせて撮影します。やはりハード単体では、境界線がくっきりするからです。

角型フィルターのホルダーとアダプターリング

角型フィルターのホルダーとアダプターリングの種類や使い方は、下記の記事を参考にしてみて下さい。いくつかの種類と利用方法があります。

角型フィルターのホルダーとアダプターリングの使い方とおすすめ

関連記事角型フィルターのホルダーとアダプターリングの使い方とおすすめ

LEEの角型フィルターの100mm システム 私はLEEのフィルターシステムを利用していますが、KaniやNisiなど... 続きを読む

www.stockphotos.jp

ハーフNDフィルター(一般)

ハーフNDフィルター(一般)

通常の角型フィルターのホルダーにハーフNDフィルターを2枚とNDフィルターをセットしています。

ハーフNDフィルター(PLフィルター付き)

ハーフNDフィルター(PLフィルター付き)

PLフィルターをセットした角型フィルターのホルダーにハーフNDフィルター2枚をセットしています。

まとめ

ハーフNDフィルターは、高い買い物になるためメーカーや種類を調べて、自分に合った物を選んで下さい。そして1枚から利用を初めて、必要になったフィルターを少しずつ増やしていけば良いと思います。またフィルターは、劣化するため買い替えの時に再度検討するとより自分に合ったフィルターにすることが出来るでしょう。

ハーフフィルターには、ハーフNDフィルターだけでなく、霧を演出するフィルターや朝焼けなどをより赤くするフィルターなど多くの種類があります。多くの方は、ハーフNDフィルターを利用していますが、気になる方は調べてみると良いかもしれません。

カメラのフィルターは角型フィルターがおすすめ

関連記事カメラのフィルターは角型フィルターがおすすめ

カメラの角型フィルターは必要なアイテム 風景写真家には必修アイテムの角型フィルターですが、多くのメーカーや種類があるた... 続きを読む

www.stockphotos.jp

カメラ機材のカテゴリ

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

Phase One(中判デジタル)で、風景写真を撮影して販売しています。またPhotoshopのレタッチ・テクニックやストックフォトに関する情報も配信しています。

写真を一眼レフカメラで、上手く撮影しRAW現像するために必要な情報の全てをみんなとシェアできるように始めたブログです。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2018年08月19日現在)

アフロ (登録)
1,132枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

新着記事

Veroのフューチャーアカウン

Veroで写真を拡散するフューチャーアカウントとハッシュタグのまとめ

Veroのフューチャーアカウント 写真をメインにVeroを利用する場合は、やはり...

03

Veroに写真を投稿して利用を開始する方法

Veroに写真を投稿する Veroには、多くの機能がありますが、私がよく利用する...

Veroは話題のソーシャルメディアアプリ

Veroの使い方!写真家に必要なソーシャルメディアアプリ!

Veroとは VeroにはInstagramから多くのユーザーが流れてきていて、...

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真販売は戦国時代に突入 今まで周りの人達がRM作家として、風景写真を販売し稼い...

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

最近人気が高いRRSの自由雲台 以前までは、海外からしか購入できなかったRRS(...

アーカイブ