角型フィルターのホルダーとアダプターリングの使い方とおすすめ

2017年11月24日 : ストックフォトブログ記事

角型フィルターのホルダーとアダプターリングの使い方とおすすめ

LEEの角型フィルターの100mm システム

私はLEEのフィルターシステムを利用していますが、KaniやNisiなども見た目が変わるだけで、内容はほとんど同じです。少し違うのがPLフィルターだと思います。

風景写真撮影に必要不可欠なPLフィルターを簡単に利用できるためLEEを利用しています。またハーフフィルターやNDフィルターの種類の多さなども利用している点になります。

例えば朝焼けや夕焼けを撮影する時にハーフフィルターを利用したいと思ったことはありませんか?ハーフフィルターを利用するには角型フィルターシステムが必要になります。

角型フィルターを手持ちで、利用している方をよく見かけますが、フィルターホルダーを利用する事をおすすめします。なぜならハーフフィルターとNDフィルターを同時に利用することが多くあるからです。またPLフィルターにハーフフィルターなど手持ちでは、対応できない条件も多くあります。

角型フィルターのアダプターリングにはスタンダードとワイドがある

角型フィルターのアダプターリングにはスタンダードとワイドがある

角型フィルターのホルダーを付けるためには、カメラのレンズにアダプターリングを付ける必要があるのですが、このアダプターリングには2種類あります。左がアダプターリング(ワイド)で、右がアダプターリング(スタンダード)になります。

アダプターリング(スタンダード)

標準レンズから望遠レンズに利用することが出来ます。広角レンズにも付けることが出来るのですが、四隅がケラレる可能性が出てくるため各メーカーの仕様を確認してから購入して下さい。

アダプターリング(ワイド)

私の場合は、全てのレンズのアダプターリングをワイドにしています。ワイドにすることで、ケラレる心配がなくなるからです。でも金額がスタンダードより高くなります。

サイズによって、金額も変わるのですが、アダプターリングだけで、1,2万円します。本当にビックリです。でもアダプターリングは、絶対に必要な物なので、購入するしかありません。

アダプターリングのワイド用を購入しステップアップリングで、対応しているレンズもあります。スタンダードの場合は、ステップアップリングを付けるとケラレる場合があるのですが、ワイドにステップアップリングを付ける場合は、標準レンズから望遠レンズなら問題なく利用出来ます。広角レンズは、サイズを合わせたアダプターリングのワイド用を利用しています。

一般的な角型フィルターのホルダー

一般的な角型フィルターのホルダー

一般的な角型フィルターのホルダーには、3枚のフィルターを付けて利用することが出来ます。フィルターホルダー自体は、自由に回すことが出来るため、いろんな角度に調整することが出来ます。

角型フィルターのホルダーにPLフィルターを利用する

角型フィルターのホルダーにPLフィルターを利用する

角型フィルターシステムで、PLフィルターを利用するには、専用のリングをフィルターホルダーの前につける必要があります。利用できるフィルターの枚数は2枚+PLフィルターになります。フィルターホルダーを3枚+PLフィルターに変更することも出来るのですが、広角側でケラレる可能性があるので、2枚+PLフィルターが良いと思います。※105mmのPLフィルターは、メーカー関係なく利用できます。

特殊なフィルターホルダー(タンデム用)

特殊なフィルターホルダー(タンデム用)の使用例

LEE以外のメーカーでは、見たことが無いタンデムアダプターです。タンデムアダプターようのリングをフィルターホルダーに付けると、追加でフィルターホルダーを利用出来るようになります。2つのフィルターホルダーを利用することが可能なので、ハーフフィルターを別々の角度に設定して利用することが出来ます。

特殊なフィルターホルダー(タンデム用)の使用例

特殊なフィルターホルダー(タンデム用)の使用例

フィルターホルダーを2つ、タンデムアダプターを1つ、PLフィルターとハーフNDフィルターを2つ付けて撮影しています。

まとめ

最近は多くのメーカーが角型フィルターシステムを出しているので、自分に合ったものを選ぶことが良いと思います。私の場合は、アダプターホルダーやフィルターの多彩なラインナップからLEEのフィルターシステムを利用しています。

角型フィルターは、金額的に高価になるので、よく検討してみて下さい。そしてハーフNDフィルターを利用すると今までと違った写真を撮影することが出来ます。ハーフフィルターやNDフィルターについては、またご紹介したいと思います。

カメラのフィルターは角型フィルターがおすすめ

関連記事カメラのフィルターは角型フィルターがおすすめ

カメラの角型フィルターは必要なアイテム 風景写真家には必修アイテムの角型フィルターですが、多くのメーカーや種類があるた... 続きを読む

www.stockphotos.jp

カメラ機材のカテゴリ

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

Phase One(中判デジタル)で、風景写真を撮影して販売しています。またPhotoshopのレタッチ・テクニックやストックフォトに関する情報も配信しています。

写真を一眼レフカメラで、上手く撮影しRAW現像するために必要な情報の全てをみんなとシェアできるように始めたブログです。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2018年06月20日現在)

アフロ (登録)
1,018枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

新着記事

Veroのフューチャーアカウン

Veroで写真を拡散するフューチャーアカウントとハッシュタグのまとめ

Veroのフューチャーアカウント 写真をメインにVeroを利用する場合は、やはり...

03

Veroに写真を投稿して利用を開始する方法

Veroに写真を投稿する Veroには、多くの機能がありますが、私がよく利用する...

Veroは話題のソーシャルメディアアプリ

Veroの使い方!写真家に必要なソーシャルメディアアプリ!

Veroとは VeroにはInstagramから多くのユーザーが流れてきていて、...

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真販売は戦国時代に突入 今まで周りの人達がRM作家として、風景写真を販売し稼い...

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

人気の自由雲台はRRS(BH-55 PRO)

最近人気が高いRRSの自由雲台 以前までは、海外からしか購入できなかったRRS(...

アーカイブ