風景写真撮影のカメラ機材

2017年01月28日 : ストックフォトブログ記事

風景写真撮影のカメラ機材

私のメインカメラ機材

今日は私のメインカメラ機材関連をご紹介したいと思います。現在は中判デジタルをメイン機材として、日々風景写真を撮影しています。購入したのは、去年の11月なので使いこなせるようになるためにも、日々持ち出しています。

35mmの機材は、NikonのD810にカールツァイスの単焦点レンズで組んでいますが、最近は出番が本当に少なくなりました。中判デジタルは、35mmに比べて重たいのですが、慣れれば重さは、そんなに気にならなくなります。

中判デジタルや35mmのレンズシステムは、単焦点レンズメインで、ズームレンズは、使いません。ズームに比べて、レンズ交換が手間になるのですが、私は単焦点レンズが好きです。また交換の手間を少しでも解消するためにすべての単焦点レンズにLEEのフィルターアダプターを付けています。

レンズフードは、中判デジタルも35mmも使ったことはありません。どうしても必要な時は、自作したハレ切りで、対応していますが、困ったことはありません。角型フィルター用のレンズフードもあるのですが、今のところ自作のハレ切りで十分対応できています。

レンズのプロテクターも付けていません。ほとんどの状況で、LEEの何らかのフィルターを付けているので、プロテクターを外したり付けたりすることが、かなり手間になるため利用していません。

フェーズワンの機材一覧

  • Phase One 645DF+
  • Phase One P65+
  • Schneider 110mm F2.8 LS
  • Schneider 80mm F2,8 LS
  • Mamiya Sekor 45mm f/2.8 D
  • Mamiya 35mm F3.5 AF

現在は、レンズは4本ですが、35mmのレンズがMamiyaの昔のレンズになるので、Phase Oneの35mmに買い替えたいのですが、高くて今は無理ですね… カメラ機材の保管は、HAKUBAの電子制御の防湿庫で保管しています。

Phase one(フェーズワン)を購入<

関連記事Phase one(フェーズワン)を購入

念願の中判デジタルデビュー ここ半年くらい買うか買わないか悩んでいました。購入寸前まで行っては諦めて、また数週間後には... 続きを読む

www.stockphotos.jp

三脚と雲台

三脚と雲台

三脚は、RRS TVC-33 Versa series3で、雲台は、アルカスイス(ARCA SWISS) D4ギア雲台になります。アルカスイスのギア雲台のD4は、本当に気に入っています。ギア雲台ながらコンパクトで、遊びもなく構図の追い込みには最適なギア雲台だと思っています。購入して2年くらい立つのですが、水準器も適切な水平を表示してくれています。

以前はマンフロットのジュニアギア雲台を利用していたのですが、大きさが大きすぎるのと遊びがあるのが気になって、いろいろ探している中で、アルカスイスのギア雲台に出会いました。本当に高価で悩んでいたのですが、購入したことは正解でした。

プレート部分は、純正を少し改造しています。パーン出来るようにプレートが付いていて、そのプレートは、アルカスイス互換のプレートを付けるためにKirkを付けてあります。

アルカスイス(ARCA SWISS) D4ギア雲台<

関連記事アルカスイス(ARCA SWISS) D4ギア雲台

ギア雲台では、一番の雲台だと思う アルカスイス(ARCA SWISS) D4ギア雲台は、去年買ったカメラ機材の中で、一番... 続きを読む

www.stockphotos.jp

RRS三脚 TVC-33 Versa series3 3段<

関連記事RRS三脚 TVC-33 Versa series3 3段

RRS TVC-33 大型カーボン三脚 3段 今年購入したばかりの大型カーボン三脚です。GITZOの中型三脚を長く利用し... 続きを読む

www.stockphotos.jp

角型フィルターについて

角型フィルターについて

風景写真家には、必需品の角型フィルターシステムになります。いろいろ使ってみて、最終的にLEEの100mmシステムに落ち着きました。LEEのシステムは、色々考えられているためとても重宝しています。PLフィルターの利用やタンデムアダプターを付けて違う角度で、角型フィルターを使うことも出来ます。

風景写真家には、PLフィルターとハーフフィルター、NDフィルターとすべて必要になってきます。私は、水辺の情景が好きなので、フィルターシステムは、とても重要なアイテムです。

風景写真家には必修アイテムの角形フィルターシステム<

関連記事風景写真家には必修アイテムの角形フィルターシステム

LEE100mmフィルターシステム 風景写真家には、必修アイテムのフィルターシステムの紹介です。以前までは、ケンコーの丸... 続きを読む

www.stockphotos.jp

まとめ

フジの中判デジタルも発売されるので、これからは多くの中判デジタル作品を目にする機会があると思います。早く使いこなして、1枚でも多く良い作品を撮影したいので、日々勉強しています。今年の目標は、みんなに認められる感動的な風景写真を撮影することです。

そのためには、撮影技術やRAW現像の技術をもっともっと勉強して高めたいと思っています。一番は、構図を見極められる力を身に着けたいです。最近は、構図がとても重要だと再認識させられて、本当に悩んでいます。ここで頑張って自分のスタイルを身につけることが出来れば、本当に成長できるのですが… 写真は本当に奥が深いですね。


カメラ機材のカテゴリ

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

風景写真のRAW現像テクニックやストックフォトに関する情報を配信しているブログになります。メインの活動は、RM作家として風景写真の販売を行っています。

「なぜAceなの?」ってよく聞かれるのですが、これは以前語学留学していた時に学校の先生が付けてくれた英語名になります。海外の方が覚えやすいように使っています。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2017年11月22日現在)

アフロ (登録)
786枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

新着記事

01

モニターをキャリブレーションするツールのおすすめSpyderでiMacを調整する方法

Spyder 4 Pro, Spyder 5 モニターをキャリブレーションする事...

CF005253e

岐阜県の郡上八幡城

郡上八幡城 日本最古の木造再建城の郡上八幡城は、桜と紅葉のシーズンが良いと思いま...

撮影で対処できない強いハイライト(白飛び)の補正をPhotoshopで簡単にする方法

撮影で対処できない強いハイライト(白飛び)の補正をPhotoshopで簡単にする方法

完全な白飛びは補正不可能 今までに様々な被写体を撮影したと思いますが「白飛びや黒...

00

風景写真の絶景本に掲載!思いたったらすぐ行ける! 和の絶景百選

販売用の風景写真が絶景本に採用 47都道府県の旅行プランに最適な絶景本の中面に私...

アーカイブ