ストックフォトで売れる風景写真を撮影する方法

2017年09月24日 : ストックフォトブログ記事

売れる風景写真を撮影する方法

売れる風景写真を撮影する方法

RM作家活動をはじめて1年が経ちました。そして多くの事を学ぶことが出来たので、同じように活動されている方とシェアしたいと思います。今回は「売れる風景写真とは」をご紹介したいと思います。

「今だに風景写真って売れるの???」って思っているかもしれませんが、売れる売れないは、きちんとした情報を得て実行してから判断することだと思います。100%売れると断言できる写真はありませんが、基本が出来ていない写真は売れないと思って間違いありません。

だからストックフォトの風景写真で、基本的に必要なことを書きたいと思います。そして多くの被写体を撮影していくことが、ストックフォトで風景写真を販売して稼ぐことの近道に必ず繋がります。

売れる風景写真を撮影する重要な事

今の時代は、ストックフォトで風景写真を販売して稼ぐことは、とても難しくなってきていると感じております。でも難しいだけで、売れないことはありません。実際に活動している中で、多くの方と知り合いになり、「ストックフォトの写真とは」何かを教えていただきました。

その方たちもストックフォトだけで、十分な収入を得ている人達です。そして1年にも満たない私が、太刀打ちすることは非常に困難ですが、でもいろいろ教えていただくことで、少しずつ売れる風景写真が分かってきました。

売れる撮影場所

ストックフォトで売れる風景写真は、やっぱり5つ星だと思います。RM作家活動を始めた頃に多くの方に言われました。「まずは5つ星の好条件を潰していけ」って、なぜなら売れる見込みが高い場所を始めに潰して行かなければ、販売に繋がる可能性が低くなるからです。

5つ星とは、観光客が多く訪れる場所になります。具体的に言いますと大型観光バスが訪れている場所になります。また週末や連休に観光客が多く訪れている場所を言います。

有名観光地の撮影が終われば徐々にランクを下げて、撮影し販売枚数を増やします。必ず有名観光地が売れるとは言えませんが、可能性が高い順から販売していくことが売上を上げる近道だと考えて下さい。

まだ2つの県だけですが、参考にしてみて下さい。

ストックフォトで売れる風景写真の5つ星撮影スポット長野県版

関連記事ストックフォトで売れる風景写真の5つ星撮影スポット長野県版

保存版5つ星の撮影スポット長野県版 ストックフォトカメラマンが一番知りたいことが、売れ筋の撮影スポットだと思います。長... 続きを読む

www.stockphotos.jp

ストックフォトで売れる風景写真の5つ星撮影スポット新潟県版

関連記事ストックフォトで売れる風景写真の5つ星撮影スポット新潟県版

保存版5つ星の撮影スポット新潟県版 新潟県の5つ星撮影スポットは、やはり星峠と高田公園の夜桜が有名だと思います。星峠は... 続きを読む

www.stockphotos.jp

売れる風景写真の条件

天候

一番ベストの天候は、「雲一つない晴天」が良いとされています。「じゃ雲があれば売れないの?」と思われるかもしれませんが、一番良い状態が雲一つない晴天と言われているだけで、雲があっても売れる写真もあります。

例えば変わった雲やインパクトがある雲なども良いとされています。また朝焼けや夕焼けなどは、幻想的なイメージに仕上げるためにも雲は欠かせない存在だと思います。

だから撮影場所に到着して、雲があるからダメだと思わないで、きちんと撮影することが大事です。ストックフォトの中でも売れる写真が、少しずつ変化しているように感じられます。

写真に必要な光は、ストックフォトでもとても大事な条件になります。その条件は、メインの被写体に光が完全に回った状態がベストだとされています。

写真のイメージとしては、影が少なくなるため立体感が無い写真になりますが、ストックフォトで売れる風景写真は、この影が薄い全体的に発色良い写真になります。

撮影場所により時間帯は異なりますが、太陽が少し昇った9時位からがベストだと思います。撮影場所により午前光や午後光などありますので、事前に調べてから行くことをおすすめします。

朝焼けや夕焼けなどで、作品作りをしてから、ストックフォト用の撮影に入ることも出来るかと思います。

構図

どこの撮影場所にも存在する定番構図は必ず撮影する必要があります。なぜなら一番売れる構図が定番構図だからです。

少し長いので、定番構図についてはこちら読んでみて下さい

ストックフォトで売れる風景写真を簡単に撮影する方法

関連記事ストックフォトで売れる風景写真を簡単に撮影する方法

この内容を実践すれば必ず売れる風景写真を撮影出来ます。 すごく簡単な事なのですが、実践していない人がほとんどです。売れ... 続きを読む

www.stockphotos.jp

売れるRAW現像

デジタル時代になってからは、最も重要な事が「売れる風景写真のRAW現像方法」だと思って下さい。通常の現像では、ほぼ売れないと思って問題ないでしょう。販売されるストックフォトエージェントのサイトを見ても分かると思いますが、かなりイジっている風景写真が多く販売されています。

一番わかり易いのは、桜の写真を見てみると理解することが出来ると思います。実際とはかなり違う色味になっている写真が多く販売されています。またその風景写真が良く売れているのが事実です。

すべての写真を同じように作り込んでいたら大変だと思うので、売れ筋の撮影場所から始めることが良いと思います。なぜなら売れ筋の撮影場所は、競争が激しいため撮って出しで勝負することは厳しいと思うからです。

まとめ

最近では、一昔前までと売れている写真の傾向が変化していると思われます。撮影場所、天候、光の3つの条件を守れば必ず売れる風景写真を撮影することが出来ます。

私もまだまだ勉強していることが多くありますが、少しでも皆様のお役に立てればと思っておりますので、これからもいろんな情報を配信して共有したいと考えております。

ストックフォトのカテゴリ

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

Phase One(中判デジタル)で、風景写真を撮影して販売しています。またPhotoshopのレタッチ・テクニックやストックフォトに関する情報も配信しています。

写真を一眼レフカメラで、上手く撮影しRAW現像するために必要な情報の全てをみんなとシェアできるように始めたブログです。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2018年12月10日現在)

アフロ (登録)
1,164枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

動画販売枚数 (2018年12月10日現在)

アフロ
576枚
アマナ
215枚
gettyimages
8枚

新着記事

4Kの風景動画をストックサイトで販売開始

4Kの風景動画をストックサイトで販売開始

ストック動画、ビデオ、フッテージ 今まで風景写真ばかり撮影しRMやRFのライセン...

Veroのフューチャーアカウン

Veroで写真を拡散するフューチャーアカウントとハッシュタグのまとめ

Veroのフューチャーアカウント 写真をメインにVeroを利用する場合は、やはり...

03

Veroに写真を投稿して利用を開始する方法

Veroに写真を投稿する Veroには、多くの機能がありますが、私がよく利用する...

Veroは話題のソーシャルメディアアプリ

Veroの使い方!写真家に必要なソーシャルメディアアプリ!

Veroとは VeroにはInstagramから多くのユーザーが流れてきていて、...

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真を販売して稼ぐために考えてみる

写真販売は戦国時代に突入 今まで周りの人達がRM作家として、風景写真を販売し稼い...

アーカイブ