F-stopのカメラバックを購入出来るショップ

2016年11月23日 : ストックフォトブログ記事

F-stopのカメラバックは最高

メインのカメラバックはF-stopのTilopaです

いつも撮影に出かける時には、F-stopのカメラバックを利用しています。電車等で移動する時は、Think Tankのカメラバックがコンパクトで、移動が楽なので利用しています。

F-stopは、非常に人気が高く売り切れが多くて、購入することが困難です。日本では販売しているショップも少なくて、すぐに売り切れます。私はICUが欲しくて、いろいろ探したのですが、売り切ればかりでした。F-stopのメーカーサイトで、確認しても4週間から6週間待ちばかりでした。

※ICUとは、F-stopのカメラバックの中に入れるケース。カメラ機材を入れるケースをICUと言います。
※F-stopのカメラバックは、外側のバックとカメラ機材を入れるICUの2つが必要になります。

私はすぐにでも欲しくて、いろいろ探している中で、オーストラリアのショップを見つけることが出来ました。そのショップは、アウトドアグッズが多く販売されており、F-stopもかなりの在庫を持っています。

私が購入した OUTDOOR SHACK になります。

早速会員登録して、購入するための手続きを行ったのですが、金額が少ないため購入することが出来ないと表示されました。そこでお問い合わせフォームから連絡してみるとすぐに返信が来て、少額商品を日本に発送するための金額等の連絡が来て、無事購入することが出来ました。

金額的には、少し高めになりますが、急ぎで必要な方には、便利かと思います。また到着までの日数も10日前後だったかと思います。

現在私が所有しているバックは、F-stopのTilopaになります。これは人気があるロカより一回り大きなサイズのカメラバックになります。中に収納するICUはLargeサイズになります。カメラ2台と70-200mmf2.8とその他4本のレンズや備品を収納することが出来ます。現在はこのICUを2つ所有して、撮影に持っていく機材タイプで、分けて利用していますが、簡単にバックの中身を入れ替えることが出来るので、とても便利です。

まとめ

送料などを入れると少し高めになりますが、急ぎで必要な方には良いかと思います。時間がある方は、F-stopのメーカーから購入したほうが良いかもしれません。私は、購入したことが無いので、日本に発送してくれるかは分かりませんが、メーカーなので問題無と思います。

Tilopaも新しいタイプが出ていて、気になっていますが、今のバックで何も問題ないので、しばらくは旧タイプのTilopaを利用したいと思います。ロカも気になっていますが、私には少し小さい気がします。


海外からカメラ機材を購入する

おすすめストックフォト記事

著者のプロフィール(Ace)

風景写真のRAW現像テクニックやストックフォトに関する情報を配信しているブログになります。メインの活動は、RM作家として風景写真の販売を行っています。

「なぜAceなの?」ってよく聞かれるのですが、これは以前語学留学していた時に学校の先生が付けてくれた英語名になります。海外の方が覚えやすいように使っています。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

写真販売枚数 (2017年11月22日現在)

アフロ (登録)
786枚
アマナ (登録)
170枚
イメージナビ (登録)
221枚
JTBフォト (登録)
0枚

新着記事

01

白糸の滝は軽井沢の人気撮影スポット

長野県軽井沢の撮影スポットの概要 白糸の滝は、長野県軽井沢の有名撮影スポットにな...

01

モニターをキャリブレーションするツールのおすすめSpyderでiMacを調整する方法

Spyder 4 Pro, Spyder 5 モニターをキャリブレーションする事...

CF005253e

岐阜県の郡上八幡城

郡上八幡城 日本最古の木造再建城の郡上八幡城は、桜と紅葉のシーズンが良いと思いま...

撮影で対処できない強いハイライト(白飛び)の補正をPhotoshopで簡単にする方法

撮影で対処できない強いハイライト(白飛び)の補正をPhotoshopで簡単にする方法

完全な白飛びは補正不可能 今までに様々な被写体を撮影したと思いますが「白飛びや黒...

アーカイブ